憧れのWebデザイナーを目指す

サイト作成の重要な役割を担うWebデザイナー

Webデザイナーという仕事はここ20年ほど前に登場した職種のため、仕事上必要となるスキルや、業界内での働き方に関してあまり知られていない職業とも言えます。 将来の仕事としてWebデザイナーを考えている方は、知識や技術も含め、まずは業界内での働き方や傾向を知り、自分に合った職業なのかを考えてみましょう。

自分に合ったWebデザインの勉強方法を選ぶ

Web業界ではスクールや専門学校での認定や卒業資格はそれほど重要視されていないため、独学や通信講座で学んだというWebデザイナーも数多くいます。 今現在のスキルレベルや学習状況に合わせて勉強方法を選択することで、無理なくWebデザインのための技術やセンスを身に付けていくことができます。

Webデザイナーとして働くには?

Webデザイナーと一口に言っても、企業で正社員として働くだけでなく、派遣やアルバイト、独立してフリーランスとして活躍するなどその働き方は様々です。 将来、Webデザイナーとしてどのように活躍していきたいのかを考えて就職活動を行っていきましょう。

Webデザイナーに必要とされる能力と技術

IT社会の発達とインターネット普及に伴い、Webサイト利用者数は年々増加しています。
企業ではWebサイトを使用したホームページはもちろん、ネットショッピングにおけるサイト利用や、個人でも趣味などの情報発信にWebサイトを開設・利用するなど活用方法も多様化しています。
そんな需要の高まりもあり、今人気職種となりつつあるのがWebデザイナーです。

Webデザイナーの仕事内容は主に、サイト内のレイアウト構築やビジュアルを手掛けます。
従来のプログラマーが、プログラミング言語を用いてサイトの機能を構築するのに対し、Webデザイナーはサイトを使いやすくするための機能性を向上させるだけでなく、サイトを訪れた人が見やすく、興味を持ってもらえるようなデザインを作成したり、クライアントの目的に沿ったサイト内容の提案・企画なども手掛けます。

現在は分業化も進んでおり、クライアントへのヒアリングや企画をメインに行うWebディレクターや、サイト構築をメインとしたコーダーなど、業務内容を分担して行う企業もあります。
Webサイトがどのように機能するのかを理解しておくためにもコーディング知識や経験がある方が良いとされていますが、Webならではの操作性やアニメーショングラフィックなどの技術を駆使し、クライアントに満足してもらえるような企画・サイト作成を行うことが仕事の醍醐味の1つとも言えるため、Webデザイナーとして一通りの技術やスキルを身に着けおくと、将来的により仕事の幅を広げることができます。

本サイトでは、Webデザイナーを目指したいという方や、漠然とした興味をお持ちの方へ、Webデザイナーになるうえで身に着けておきたいスキルや勉強方法、就職のかたちなど、役立つ業界情報についてご紹介致します。