憧れのWebデザイナーを目指す

>

Webデザイナーに向いているのは?

Webデザイナーはサイトの利便性やビジュアルを高め、サイト全体をプロデュースしていくという重要な部分の1つを担い、一見やりがいのある華やかな仕事にも思えますが、画像の細かい修正や装飾を行う作業も伴うため、根気強くコツコツと作業に取り組める人でないと続けていくことは難しいでしょう。
また、デザインセンスを求められるだけでなく、クライアントやディレクターからの要望・イメージなどを具体的な形へと引き出していくためにコミュニケーション能力も必要とされます。
さらに、Web業界では技術の移り変わりが激しい業界になるため、求められるコンテンツ内容や表現手段も日々変わります。
Webデザイナーとなった後も、常に最新の技術や流行を取り込んだスキルを習得していく必要があるので、新しい知識を増やしたり最新の技術を身に付けたいという方には向いている職業と言えるでしょう。

仕事を行う上で必要となる技術とソフト

基本的に、Webデザイナーになる上で必ず必要となる資格などはありませんが、最低限必要とされるのが「Photoshop」と「Illustrator」の2つのソフトです。
これらのソフトを一通り使いこなせることができれば、未経験でもアシスタントやアルバイトとして実際の現場で働くことも可能になります。

さらに「HTML」と「CSS」の知識があれば、簡単なホームページなどサイト作成時に必要となる基本的なコーディングが可能になります。
HTMLはサイト作成に使用される基本的な言語で、私達が普段から利用しているネットのページのほとんどにこのHTMLのタグが使われています。
CSSはHTMLで作成したページに色や背景をつけたり、文字の大小など簡単な装飾を施すことができる言語です。
この2つの知識があれば大体のコーディングソフトが使えるようになり、Webデザイナーとしての仕事の幅もいっきに広げることができます。


サイト作成の重要な役割を担うWebデザイナー

この記事をシェアする