憧れのWebデザイナーを目指す

>

スクールや通信講座を利用する

Webデザインを学ぶ場所はいくつかありますが、比較的時間の融通が利きやすく、尚且つ本格的な技術とデザインを学ぶことができるところがスクールです。
スクールのPCを使用してソフトの使い方を学べるのはもちろん、Webデザイナーを目指すのであれば作品作成や講師からのデザイン指導が受けられるコースを選ぶことをお勧めします。

また、スクールよりも更に手軽に学べる方法として通信講座があります。
スクールや専門学校よりも授業料が比較的安く、自分の好きな時に学べるため、他の学業や仕事とも両立しやすい方法です。
自宅PCや手持ちのPCを使用するため、自身で別途ソフトを用意しなければならないこともあるため、コース内容だけでなく、授業料のなかにソフト購入のためのサポートや補助制度が含まれているのかをきちんと確認しておきましょう。

独学のメリットと注意すべきポイント

最近ではWeb関係の書籍も多く出版されており、基本的なソフトの操作方法やHTMLの知識などWebデザイナーとして必要となる技術や知識を独学だけで身に付けることも可能です。
また、Webデザイナーは常に最新技術を身に着けておく必要があるため、Webデザイナーとなった後も自身でスキルを習得することを踏まえると自力で学ぶことも経験の1つとして今後活かすことができるでしょう。
しかし、独学は自身に必要となる技術や情報を選ぶことが難しいため、不必要な知識や間違った工程で覚えてしまったり、今の時代に合っていないソフトの操作を学ぶなど、効率的に勉強できない可能性があります。
また、デザインに関しては客観的な評価や視点が必要となるため、独学だけで身に付けることは難しく、Webデザイナーとして実際に働きだしてからデザインについて学んでいくというケースも考えられます。


自分に合ったWebデザインの勉強方法を選ぶ

この記事をシェアする