憧れのWebデザイナーを目指す

>

雇用形態とそれぞれのメリット・デメリット

Webデザイナーの働き方は様々あり、在宅勤務や正社員、アルバイトなど幅広い雇用形態があります。
派遣社員として勤務する場合は即戦力として求められることが多いため、それなりのスキルが必要とされますが、その分給与など高待遇の企業が多く、スキルアップしたい方にはお勧めの働き方です。
正社員として働く場合、まずはサイトの制作中心の仕事から始まります。
勤続年数や経験によって営業職や、サイト作成の管理を行うWebディレクターとして働くこともあるので、幅広い知識や経験を身に着けていきたいという方にお勧めです。
制作だけに携わりたい、という方ももちろんいて、そういった場合は他企業へ転職したり、フリーランスとして独立するという方法もあります。
フリーランスで働く場合、全て自身の裁量で仕事ができるというメリットがありますが、収入の安定性や確定申告などの面でデメリットに感じることもあります。

ポートフォーリオ作成が最大の自己PR

Webデザイナーとして就職・転職活動を行うために、まず必要となるのが自身でサイトのデザインを手がけたポートフォーリオです。
先ほども述べたように、Webデザイン業界では学歴よりもこれまでの経験や実力を重視する傾向にあるため、履歴書や面接の内容よりもこのポートフォーリオのできによって採用が左右されると言っても過言ではありません。
架空企業や志望企業に関するWebサイトを実際に作成し、画面を印刷した紙媒体、またはURLやCD-ROMを使用して企業に自分自身のサイト作成スキルや実績をアピールします。
作成時にはクライアントとユーザーを意識しながらコンセプトを統一して作成し、会社側の即戦力となることをアピールしましょう。
また、実際に面接に行く際にはPC画面を印刷したものとサイトデータの両方を用意しておくと困らないでしょう。


Webデザイナーとして働くには?

この記事をシェアする